• 今田 敬之(Takayuki Konta)

    入社年月日:2014年4月1日
    所属:業務システム事業部 第一システム技術サービス部
    出身学部:システム情報科学部(理系)

日々成長を感じる楽しさ

大学で情報科を専攻していましたが、システムエンジニアの仕事は固くて難しいと思っていたので、実はあまり関心がありませんでした。この仕事の面白さに気づいたのは、大学3年生の時にインターシップで体験してからです。実際に体験してみると想像以上にやりがいがあって面白く感じました。その時からシステムエンジニアに的を絞って就職活動をするようになりました。説明会に参加して色々な企業の話を聞きましたが、どれもあまりピンときません。そんな中で、ここだ!と感じた会社がシイエヌエスでした。入社して感じたことは、大学で学んだ知識だけでは仕事ができないということです。研修期間中は大いに悩み、壁にもぶち当たりましたが、講師の先輩や同僚達に励まされて無事に乗り切ることができました。この経験は、私を大きく成長させてくれたと思っています。この仕事は、覚えることが多くて大変ですが、頑張った分だけ成長できます。それが、今の私にとっての一番の原動力になっています。

1年目から活躍の場がある

[タイムスケジュール]
9:00~9:30 出社。メールや今日の作業の確認。
9:30~10:30 進捗会議。リーダが集まり各チームの進捗状況を確認。
10:30~12:00 他のメンバが作成した設計書のレビューをします。
12:00~13:00 ランチ。同期や先輩らと外で昼食。
13:00~20:00 担当部分の設計書の作成。
20:30~22:00 懇親会。同期や先輩らと楽しく飲みます。
23:00~ 帰宅。のんびり過ごした後、就寝。

現在、私は小売向けの顧客管理システム開発のプロジェクトに所属し、顧客管理の電子化の設計を進めています。私たちは、お客様の声を反映しながらシステムを開発していきます。10月からは、週に1回のペースで出張するようになり、ユーザーの意見を実際に聞かせてもらっています。開発者の意図とユーザーの意見の間には食い違いが多く、その都度、擦り合わせが必要です。今でも忘れられませんが、初めて出張した時、緊張から自分の意見を伝えることができませんでした。しかし、次の訪問時には堂々と説明したら反応がよく、自分の意見をきちんと説明することの大切さを学びました。また、11月からは3人編成のチームリーダーを任されるようになりました。私には少々荷が重く不安や焦りもありましたが、先輩の適切なアドバイスのおかげで、今では自分の置かれている立場が自覚できるようになりました。

責任感のある頼れるリーダーになりたい

シイエヌエスの一番の強みは、本人が望んでいることを可能な限り実現させてくれることです。事実、若手の私でも、チームリーダーを任されたり、出張に行かせてもらったり、普通の会社では味わえない経験を積ませてもらっています。当然、会社からの期待もありますし、責任の重さも感じていますが、それに負けない気持ちで頑張っています。今の目標は、みんなに信頼されるリーダーになることです。まだメンバーをまとめることで精一杯ですが、さらにスキルアップをして統率力、技術力、安心感のあるリーダーになりたいと思います。また、この仕事は座りっぱなしのことが多いのでストレスがたまりがちです。効率よく仕事を進めるには、オン・オフの切り換えが必要なので、休日には会社のイベントに参加したり、スポーツで思いっきり体を動かすようにしています。遊びやスポーツに夢中になっていると、心も身体もリフレッシュできます。オフタイムを充実ささせることが、毎日頑張れる原動力になっています。

■ 休日の過ごし方

休日は、同期に声をかけ、飲みに出かけます。 配属先が異なるので全員集まるのはなかなか難しいですが、集まったときにはお互いの仕事の話や、プライベートの話などをしながら楽しく飲んでいます。他には、小学校から続けているバスケットをしていることが多いです。会社のメンバに限らず社外の方とも一緒に汗を流して親睦を深めています。

インタビュー閉じる

  • 丹内 香奈絵(Kanae Tannai)

    入社年月日:2014年4月1日
    所属:戦略支援サービス事業部 金融サービス部
    出身学部:人文学部(文系)

立場に関係なく働ける環境が決め手

私は就職活動をしている時、学生だから社会人だから、という枠に縛れず、同等の立場で接してくれる会社に就職したいと思っていました。色々な企業の説明を聞き、一番自分に合っていると感じたのがシイエヌエスです。選考担当者から「学生にも会社を選ぶ権利がある」という姿勢が伝わってきて、この会社だったら立場に関係なく働けると思いました。内定後に会社のイベントに参加した時、入社前にも関わらず社員の一員として暖かく迎え入れてくれました。 このことから、私の選択は間違いではなかったと確信できたのです。私は文系出身でしたので、経験者の同期に比べると、スタート時点から遅れていると感じていました。研修中も聞くこと全てが初めてのことばかりで、ついていくのが精一杯でした。そんな時、先輩社員との懇親会があったので、今の気持ちを先輩に打ち明けてみたのです。すると、「この会社では、幅広い視野を持つことも大切だよ。文系ならではの視点を生かせる場があるはずだ」とアドバイスをもらって勇気づけられ、 それを励みにして頑張ることができました。

自分らしく頑張れば、誰かが見ていてくれる

[タイムスケジュール]
9:00~10:00 出社。メール確認や進捗会議を行う。
10:00~12:30 テストデータ作成の進め方を相談。設計書の修正。
12:30~13:30 ランチ。晴れている日は近くの公園に行きます。
13:30~17:30 テストデータを登録するためのツールを作成。
17:30~18:30 PJの進捗確認。自担当作業の進捗確認、報告。
19:00~21:00 同期の女子会。デザートも食べに行きます。
21:00~00:00 のんびりした後、就寝。

現在は金融サービス部に所属し、金融機関で使われるシステム開発を担当しています。文系出身でもできることはある、と思っていましたが、仕事となると簡単にはいきません。先輩に甘さを指摘されることも多く、これまで自分で積み上げてきた知識や経験が一気に壊されていく感覚になり、仕事の大変さを痛感しました。自分なりに精一杯努力をしてコツコツと取り組んでいましたが、どうしても分からないことがあって先に進めない。その悔しさを素直に先輩に伝えると、「その気持ちを大事にしながら、自分らしく頑張っていけばいい」と、励ましの言葉をもらい、壁を乗り越えることが出来ました。シイエヌエスの先輩は、投げ出さずに頑張っている姿をちゃんと評価してくれます。そんな環境で働けることは、私にとってプラスになるし、すごく幸せなことです。今は覚えることが多く、技術面でも遅れを取りがちですが、経験者とは違う視点を持って仕事ができると思い、文系出身らしさを大切にしようと心がけています。

人とのコミュニケーションを大事にしたい

システム開発はパソコンと向き合う仕事です。私は人との関わりも大切だと考えていますので、できるだけ回りの人に優しく接するように心掛けています。誰でもそうですが、考えが煮詰まってくると自分の殻に閉じこもりがちです。そんな時、たわいもないことでも言葉をかけてもらえると、緊張の糸が解れて気持ちの切り替えができます。だから、私も周りの人に声をかけてあげられる人間でありたいと思います。春には新入社員が入ってきますが、私のような文系出身の人もいると思います。きっと色々な不安を抱えていると思いますので、後輩に対して「大丈夫だよ」と安心させてあげられる先輩になりたいと思います。

■ 休日の過ごし方

休日は本を読んだり女子会でスイーツを食べに行ったりします。また、同期みんなでご飯を食べに行ったり、旅行にも行きます!私は地方出身ということもあり、3ヶ月の研修を一緒に頑張った同期は大事な仲間です。

インタビュー閉じる

  • 大屋 祥(Shou Oya)

    入社年月日:2010年4月1日
    所属:基盤システム事業部 第二基盤システム技術部
    出身学部:システム情報科学部(理系)

研修で出会った仲間や先輩の存在

私は大学で情報系を学んでいましたので、入社前研修はそれほど大変とは感じませんでした。カリキュラムを通して同期の仲間たちと一つのことを考え、助け合うことの大切さを学ぶことができ、とても良い思い出になっています。講師役の先輩社員は、私たちが迷っていると一緒に考えながら、「こうした方がいいんじゃないのかな」とアドバイスしてくれました。先輩でありながらも、一緒に研修を進めていく仲間。研修を通してそんな親しみやすさを感じました。シイエヌエスでは月に一度イベントを開いています。当時、私は北海道に住んでいたので、ちょっとした旅行気分で参加していました(笑)。そのお蔭で同期と顔を合わせる機会が増え、入社した時にはすっかり打ち解けていましたね。

お互いに助け合いながら仕事することの大切さ

[タイムスケジュール]
9:30~10:00 出社。
10:00~12:00 定例会議。顧客と打ち合わせをし進捗・課題の整理。
12:00~14:00 レビューや設計書の作成、説明資料の作成など。
14:00~15:00 遅めのランチ。混雑しているお店にも並ばず入れます。
15:00~19:00 設計書作成の続き。各メンバの進捗と翌日作業の確認。
19:00~21:30 退社後、テニスで汗を流します。
21:30~00:30 帰宅。軽めの夕食後、就寝。

今、私は金融系システムの基盤更改業務を行うプロジェクトに所属しています。サポート期限が迫っているサーバー機器やネットワーク機器をより高性能なシステムに替えていく仕事で、5人のチームで進めており、その中でリーダーを任されています。私の目指すリーダー像は、「信頼されるリーダー」。それは、メンバーが私に頼り切り、全て私任せにする、ということではありません。自分たちの力で考えて、自主性を持って進めていって欲しいので、出来る限り口を挟まないように努めています。でも、最終的に解決できない時はチームリーダーとしてフォローしますし、責任も取りますので、そういう意味において「信頼できるリーダー」でありたいと思います。プロジェクトを進めながら、チームメンバーが成長し、周囲から「スペシャリスト軍団」といわれるチームになれれば嬉しいですね。 チームのみんなには、楽しく仕事を進めて欲しいと思っています。とはいえ、仕事ばかりでは息が詰まってしまうので、オンオフの切り換えも大切です。業務中は真剣に取り組み、仕事が終われば一緒に飲みに行き、休日にはみんなで集まってフットサルを楽しむ。公私を含めて同じ時間を共有することで、何でも話し合える良い関係が築けていると思います。また、私はリーダーである前にみんなと同じ技術者です。そのことも大事にしながら、自分自身もスキルアップしていきたいと思います。

コミュニケーションを続けていく事を忘れないような人間でありたい

シイエヌエスは社員同士の仲が良く、楽しく働ける会社です。先輩社員に頼り切るのではなく、一人ひとりが責任を持って自発的に仕事に取り組める雰囲気があります。そこがこの会社の一番の魅力です。私が入社を決めたのも、就職活動の面談を通して、伸び伸びとした社風や生き生きと働く社員の姿を見てきたからです。就職活動をしていると、履歴書の記載内容や面談の受け答えなどで、自分を飾ってしまうことがあるかもしれません。自分を良く見せたい気持ちは分ります。でも、この会社には見栄や体裁は必要ありません。ありのままの思いを伝えていけば気持ちは届くと思いますので、正直に向き合って欲しいと思います。

■ 休日の過ごし方

休日は友人や同僚とバスケ・テニスなどで体を動かしたり、サイクリングに出かけたりします。最近はドライブや旅行に行く時も車や電車に自転車を積んで、旅先でのサイクリングを楽しんでいます。移動の範囲が広がり違った景色が見れるのでオススメです!

インタビュー閉じる