SELinux無効化
cp -p /etc/selinux/config /etc/selinux/config.ORG
vi /etc/selinux/config
編集内容
SELINUX=enforcing
→
SELINUX=disabled
PHPインストール
yum -y install epel-release
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
yum --enablerepo=epel,remi,remi-php70 install php php-pear php-devel php-mysql php-mbstring php-gd php-pdo php-xml php-mcrypt

php --version
PHP設定
cp -p /etc/php.ini /etc/php.ini.ORG
vi /etc/php.ini
編集ポイント
expose_php = Off # PHPのバージョンを隠蔽
include_path = ".:/var/www/html/:/usr/share/pear/PEAR" # phpのロードパスを更新
date.timezone = Asia/Tokyo # 日本時間
mbstring.language = Japanese # 日本語を選択

下記はPHP5.6.0以降は非推奨のため設定しない
mbstgring.internal_encoding = UTF-8 # マルチバイト文字列関数のデフォルトエンコード
mbstring.http_input = pass # HTTP通信の時のインプットの文字コード変換(自動変換しない)
mbstring.http_output = pass # HTTP通信の時のアウトプットの文字コード変換(自動変換しない)
Apacheインストール
yum --enablerepo=epel,remi,remi-php70 groupinstall "Basic Web Server"

cp -p /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.ORG
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
編集ポイント
・デフォルトのページを配置
DirectoryIndex index.php index.html

・末尾にこれを追加
AddType application/x-httpd-php .php
Apache/PHP 動作確認
# サーバ起動
systemctl restart httpd.service

# テストページ作成
echo "<?php phpinfo();" > /var/www/html/info.php
#ブラウザアクセス
http://<IPアドレス>/info.php

# テストページ削除
# 構築中は残しておくと、Apacheと絡めたPHP設定がどうなっているか、わかりやすいです。
# 公開前には削除しておいたほうが無難です
rm /var/www/html/info.php
ここからWordPressインストール
cd /tmp
wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.5-ja.tar.gz
tar zxf wordpress-4.5-ja.tar.gz
cp -p /tmp/wordpress/wp-config-sample.php /tmp/wordpress/wp-config.php
vi /tmp/wordpress/wp-config.php
編集ポイント
define('DB_NAME', 'database_name_here');
define('DB_USER', 'username_here');
define('DB_PASSWORD', 'password_here');
define('DB_HOST', 'localhost');
mv /tmp/wordpress/* /var/www/html/
chown -R apache:apache /var/www/html/*
WordPressのインストール
http://<IPアドレス>/wp-admin/install.php
# DB設定が正しければ初期設定に進む